電熱線は交換不要!厚さも5MMで確実圧着。

せっかく真空にしても空気が入り込んでは元も子もありません。細いシール幅では空気の入り込みが往々にしてあります。従来機の電熱線のシール幅は3mm-4mm程度ですが、本機種では5mm幅の電熱線を採用しており、シール不足による空気進入を防ぐことが出来ます。また従来品は電熱線の耐久性が低く、交換が必要でした。本機種は高耐久材を採用している為、電熱線の交換は必要ございません。

簡単操作!操作性・視認性抜群のボタン配置。

今までの業務用真空パック機に欠けていた、分かりやすい操作性を実現しました。必要なボタンは4つのみ。煩雑な手順は必要ございません。簡単な操作で真空パックが作れます。より直感的な操作を実現するとともに、別途、使い方を解説する動画を用意しておりますので安心してお使いいただけます。

省スペース&軽量!奥行き140mmで2Kg以下を実現。

従来機の欠点であったサイズと重量を大幅改善。よりスタイリッシュになり場所を選ばない製品に仕上がりました。サイズは奥行き140mm、高さ80mm。一般的な家庭用真空パックよりも小さいです。重量も最軽量クラスの2kg以下。これは家庭用真空パック機と比べても軽量と言えます(従来の業務用真空パック機は軽くても3㎏から4kgです)。また、従来機にあった水分容器を本体に移管する事で余分な奥行きを削減。これにより作業スペースを従来以上に確保することが出来、お客様の作業環境を向上させます。

-80Kpaの真空度!ノズル式真空パック器で最高峰の数値。

真空パックはどれだけ脱気できるかが商品の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。従来機の場合、家庭向けで-50Kpa未満、数万円クラスの業務で-50Kpaから-60Kpaが主流ですが、本機種は最大-80Kpaの真空率を達成しております。これは新型のモーターならびに脱気機構を採用したことによります。より高い真空度の為、より食材をより新鮮に保存する事が可能です。

汁物対応!幅広い保存需要に対応できます。

水分分離容器を搭載しているので水物にも対応しています。煮物や肉類などの生ものも勿論対応しております。また粉物においても対応をしております故、幅広い保存需要に応える事が可能です。

専用袋不要!圧倒的なコストパフォーマンスを実現します。
割高な専用袋はもう必要ありません。業務用真空ナイロンポリ袋、及びアルミ蒸着袋を使用する事が可能ですので費用を気にせず安価に真空パックを作ることが出来ます。仮に毎日50袋ずつ、3ヶ月にわたり真空パックを作った場合、専用袋(単価40円換算)では約19万円かかりますが、ナイロンポリ(単価10円換算)であれば4万5千円で済みます。大幅なコスト削減を実現いたします。

脱気から圧着までフルオート対応!圧倒的な効率を実現。
今までの業務用真空パック器はとにかく動作が煩雑でした。もうその面倒からは解放されます。DZ300は袋をセットしボタンを押せば、後はオートで真空パック化してくれます。空いた隙間時間を効率よく活用できます。

→JP290も確認する

特価:14,980  (税込)

特価:29,800  (税込)

© Genetech G.K All right Reserved